2022年7月25日月曜日

自宅で収穫

 庭のコンポスト(生ごみを捨てて土に還す場所)に植えたズッキーニの苗が成長して実がなる様になりました。

苗は友人から(自宅でいっぱい野菜を栽培しています)譲っていただいたもので、コンポストに植えたら良いとのことで、そうしたらすごく成長しました(制御できないぐらい)。

物価高騰中なので野菜が自家栽培できるのはありがたい。かぼちゃも一緒にもらって植えているので、秋はきっとかぼちゃ三昧😁




2022年7月21日木曜日

丘を越えて

 あの丘を越えたら何か見える、だからもう少し頑張ろう。

先日、オーストリアへ行ってきました。湖へ泳ぎに、そして山を登りに。

もともとアウトドア派ではなく登山も好きではなかったのですが、年々歳々、年を重ねるにつれて自然に親しむことが大切に感じられてきております。

子供のころ、山登りは嫌だったですね。つらいから、なのはもちろん、自然のありがたみがわかりませんでした。今は、田舎に移り、毎年、山にも行くので、うちの子供らは山が好き。

それでも今回の登山は結構きつかった。もう終盤、泣きが入っておりましたが、無事、到着。

苦しさはきっと終わる、必ず終わる。そして本当に終わる。そんなカタルシスを、私は登山に感じます。

山も、山の上の湖もきれいでした。湖畔で、みんなよりそって寝袋に入ってその晩は眠りました。

湖は三か所、回ってきました。どこもきれい、水も透き通っていました。






2022年3月19日土曜日

平和とは、かくも難しくありがたいもの

 一昨年来、コロナ禍に振り回されていましたが、それが一気に過去のことになってしまったようです。ロシアがウクライナに侵攻して3週間、いきなり頬を張られたような衝撃が続いています。チェコは地理的にもウクライナに近く在チェコのウクライナ人は多く、歴史的にも東欧との大きな関係があったもので、みんな大変なショックです。

常々、世界のどこかで紛争は行われていますが、今までかつて自分事と思ったことは正直ありませんでした。が、今回の戦争、当事者ではありませんが、他人事とは思われないです。

この戦争で亡くなられたウクライナ、ロシア双方の方々、また攻撃を受け負傷された、家族や財産をなくされた方、大変お悔やみを申し上げます。

チェコでは空き物件を持っている人がウクライナ難民に仮住居として貸しています。義理の姉家族宅にも母子家族が来るそうです。自分に出来ることでサポートすることも立派です。

日々、出来るだけ早くこの戦争が解決すること祈っています。

加えまして先日、スヴァター道場で初の昇級審査を行いました。キッズ10級黄帯、5名が合格。こんなことも出来るのも平和であるからこそ。ありがたいです。

長女に黄帯授与。感謝です。


2021年10月28日木曜日

最近のクラス

秋になり若干ですがコロナウィルス感染者が増えてきました。去年のような急激な増加ではありませんが入院者も増えておるので、またロックダウンが必要な事態にならないよう祈るばかりです。

九月から始まりました自宅道場でのクラス。ぼちぼちと少人数なんですがキッズクラスは以前から通っている生徒がいるので防具をつけての防御練習も、まだまだ簡単な内容ですが出来ております。



 現在はキッズクラスの参加者は5名で、もうちょっと増えてほしいけどスペースを考えると10名ぐらいがいいぐらいかな。


ロックダウンで長期休講がありましたが、だんだんと動きがまとまってきました。近いうちに昇級審査が開けますよう。子供たちも色帯には興味ありです。

また私事ですが、昨日ついに自宅の正式な住所がもらえました。4年越しでついに自宅完成です。正式にスヴァター在住者になれます。感謝!


2021年8月24日火曜日

プライベートレッスン

 最近、涼しくなってきて、もう初秋の雰囲気。また、別にベジタリアンになるつもりはないのですが、肉を買うのを控えています。子供が急に、動物愛護の観点から肉をあまり食べたくないと言い出したのが、きっかけです。自分自身は野菜、豆類を使った料理が好きなので、別に肉無しの生活でも苦ではないので、生活のアプローチを変えてみようとも良かろう、てな感じです。

我が仕事においても以前と違うアプローチをとっております。自宅道場での新空手クラスは以前のような、中規模のクラスは行いません。道場の大きさによる制約もありますが、それよりも参加者の満足する度合いを考えると10人を越えたクラスだとどうしても各個人にあった練習内容を提供することは難しくなります。もちろんクラスの趣旨にもよりますし、大勢のクラスに参加したいと思う人もいるでしょうが、個人の上達の度合いがそのまま満足度につながると考えると、プライベートレッスンは大変、効果的です。

そんなわけで、希望者にプライベートレッスンを行っています。みなプラハでのコースに参加してくれたメンバーですが、コース終了後も練習を望んではるばるプラハから、このスヴァターに足を運んでくれています。みんなプライベートレッスンの効用を感じてくれているようで、定期的にレッスンを受けてれます。期待に応えようと各人にあったプログラムを組み、その人の上達を肌で感じれると、うれしさもひとしお。これこそが、この仕事の成果。満足してくれれば、レッスンを継続できますから。

これからもご愛顧いただけるようがんばります!

 

2021年7月15日木曜日

緩やかに再開

 こちらでは、COVID-19の新規感染者数が低い水準に落ち着き、規制も徐々に解除されています。自分もワクチン接種、済ませることが出来ました。

自宅道場でも少人数ですが、クラスを開いております。


キッズクラス。ぼちぼちと練習に慣れてきました。

あとレディースキッククラスも。一般クラスは現在開いておらず、プライベートレッスンで数名、通っています。人数が集まらないとクラスになりませんので。

自分にとって今年は変化の年、節目です。心機一転。そして感謝。

頑張ります!

2021年5月27日木曜日

プラハでの活動終了!!

 ようやくチェコではコロナウィルス新規感染者が減少し、規制も緩和されています。

それでもまだ、プラハでのクラスは引き続き休講中。

だったんですが、決断しました。今期をもってプラハでの新空手クラス、閉めます。

今期もほぼ休講状態。昨年、3月に最初のロックダウンが始まり、途中、短期間だけ開けましたが延べ一年間クラスが出来ませんでした。まあ仕事になっておりません。今後も、まだ予断がならない状況で、以前のようにクラスを続けるのはどうなんかなと。

お陰様で今は、自宅に道場があり、今はプライベートレッスンや小グループレッスンを再開しております。じゃあ、もうここだけでクラスを開いていけば良いんじゃないのかなと。

心苦しいのはプラハの生徒達のこと。みんながみんな、このスヴァターまで通えるわけではありません。でも通える人は通えます。無理な人は、袂を分かつ。でもそれが人生なんじゃないのかなと。未来永劫に不変なもはありません。変化していくのが人生では。別にコロナウィルス禍以前の生活の戻す必要は無いし、むしろ変わっていった方が良いと強く感じ、決断した次第です。

そう腹を括ると、心は随分すっきりしました。


スヴァター道場の発展に精進します!